木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1557話

f:id:mokugyo-sin:20140110103832j:plain

百鳥(もず)が鷹を生んだ

 「鳶(とび)が鷹を生んだ」ともいいます。さて百舌(もず)・鵙(もず)は気性の激しい鳥です。しかし、大きさも、強さも、風格もそれは鷹(たか)とは比べものにはなりません。それに百舌はお世辞にも美しい鳥とはいえません。転じて、平凡な両親(百舌)からすぐれた子(鷹)が生まれた場合を指していうことわざです。さて「俳句とは、イメージ脳である右脳でキャッチしたものをデジタル脳である左脳で言語化する作業である」。とありました。

       蛇垂れてなほ鎌首をもたげをり