木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1521話

f:id:mokugyo-sin:20140110094309j:plain

初午(はつうま)の狸

 「ことごとく、おいらの身の上は初午(はつうま)の狸だ」。という口上(こうじょう)があります。つまり、初午(はつうま)の日は、稲荷神社に盛大な祭りがあり、お稲荷さまの使いである狐はもてはやされるが、狸は手持ちぶたさでどうしようもない・・ということわざです。転じて、他人ばかりがもてはやされて自分は相手にされないことえの僻(ひが)み心に用いられることわざです。さて「物と言葉の二重構造、つまり、具象と抽象を同時に備えた言葉が、俳句の血だと思う」。とありました。

       柳の芽羽化登仙は風まかせ