木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1510話

f:id:mokugyo-sin:20140109180457j:plain

鷸蚌(いつほう)の争い

 鷸(しぎ)と蚌(はまぐり)が、くちばしと貝殻を咬み合わせて争っていました。お互いが争いに気をとられているところに猟師が通りかかり、両方が捕まってしまったということです。無益な争いに興じているうちに、第三者に利益をさらわれてしまうことの愚を示しています。これは視点を変えると「漁夫の利を得る」ということになるのでしょう。さて「人間が俳句に飽きない最大の理由。それは取り合わせという俳句の基本的な方法にあるのであろう」。とありました。

       人類は麺類とかや夜鳴蕎麦