木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1508話

f:id:mokugyo-sin:20140109180323j:plain

鮟鱇の待ち食い

 鮟鱇(あんこうは)は深海魚です。深海の砂地に潜み、自身は動かずに、口唇(こうしん)の上部についたフサを疑似餌のようにひらひらさせて、小魚が接近するのをひたすら待ちます。そして、疑似餌に釣られて接近した小魚を瞬時に丸呑みしてしまいます。そんなところから、自身は何の働きもせず、ごちそうにありつこうとする輩(やから)を指して用いることわざです。さて「俳句は、人間の本音の部分を重んじる詩歌である」。とありました

       着ぶくれてへんないきもの裸虫