木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1489話

f:id:mokugyo-sin:20140109174957j:plain

前門の虎、後門の狼

 前後から強敵に挟み打ちにされ、進退どうにもならないときに用いることわざです。ぼくなら、集団で狩をする後門の狼と争うより、前門の虎(王者)と、一対一で対決をして、堂々と活路をひらきたいものです。

 さて「この人を師にしよう、そう決めたら、その人のすべてを自分の中にとり込んで、自分の血となるまで学ぶ」。とありました。

        渾身の放下とみたり寒鴉