木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1484話

f:id:mokugyo-sin:20140109174640j:plain

暗がりの牛

 今では、とりわけ、都会においては「暗がりの牛」といっても、なんのことか、その雰囲気すら思い浮かべることは難しいかも知れません。真っ暗な牛舎の中で、牛がフーツと鼻息を吐く光景は、実際、特異なものがあります。こうしたところから、万事、考えることも行動も愚鈍のようで、しかし、地力を秘めているような男を「暗がりの牛」と称して一目置かれたようです。実際、大物政治家に、このような人物がおられたのを知っています。

 さて「俳句独自の表現方法は即物ということである」。とありました。

       釈迦牟尼の膝で舌出す嫁が君