木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1473話

f:id:mokugyo-sin:20140109173755j:plain

猫ばば

 徳川中期、本所(ほんじょ)深川に住んでいた婆さんが欲張りでどうしよもなかった、それが由来とも・・また、猫が糞(フン)をした後を砂をかけて隠す習性から来たとも・・拾い物をしても届けずに、自分の物にしてそ知らぬ顔をすることを喩えて云うようになりました。

 さて「私は、なぜ自然と交わるのか。それは自然が常に正しく、誤りはもっぱら私の側にあるからだ」。とありました。

     鷹柱たましひ空についてゆく