木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1460話

f:id:mokugyo-sin:20140109074623j:plain

始めは処女の如く、後は脱兎の如し

 漢籍の「始めは処女の如くにして、敵人戸を開く後には、脱兎(だっと)の如くにして、敵拒(ふせ)ぐに及ばず」とあることによります。始めは弱々しくみせかけて敵を油断させ、後は、見違えるほど強い力を発揮して敵を攻撃するの意味となります。すなわち。中国の戦術書にある言葉です。 これが、いつのまにか「さっさと逃げる」の意味に用いられるようにもなりました。さて「一つの謎が解かれれば、その十倍の謎がそこから発生する」。とありました。

     大竹瓮逆さ振るも銭五文  竹瓮(たっぺ)