木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1440話

f:id:mokugyo-sin:20140108071341j:plain

春の小川

春の小川は さらさら流る。岸のすみれや れんげの花に、においめでたく 色うつくしく 咲けよ咲けよと ささやく如く。

 高野辰之作詞。大正元年、『尋常小学唱歌』に発表されました。春の美しさを小川に託した歌として歌い継がれてきました。さて「社会のマイナス面から目を離さない態度は、詩を作る者として忘れてならないことである。自然を詠むことを第1義目的とする俳句にあって、ときには、そのことを忘れがちである」。とありました。

       麦とろろ二つ食ひたる八瀬童子