木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1432話

f:id:mokugyo-sin:20140107145154j:plain

早春賦

春は名のみの風の寒さや。 谷の鶯 歌は思えど 時にあらずと 声も立てず。時にあらずと 声も立てず。

 吉丸一昌作詞。大正2年、吉丸一昌編『新作唱歌』に発表されたそうです。本格的な春の訪れを待ちわびる気持ちを歌った名曲として歌い継がれてきました。さて「私たちをとりまく森羅万象や現実に、しっかりと興味を集中できればできるほど、自らの破壊をもたらすようなことは少なくなる。こんな時代に詩歌になにが出来るのか、それを考えるときこの言葉を思い出す」。とありました。

      月明に来て仙洞の客となる