木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1349話

f:id:mokugyo-sin:20140106072725j:plain

椅子どっせ

 おすわりやす 椅子どっせ あんまり乗ったら こけまっせ

 これは「押し合い遊び」の歌です。椅子に腰掛けている子どもの膝の上に、歌いながらどんどん座ってゆきます。いちばん下の子がこらえきれなくなって悲鳴をあげるまでつづけます。さて、俳句の話。書かれてあるとおりに考え、それ以外に何のイメージも湧かないとしたら、それは俳句とはいえません。俳句の面白さは、書かれていないことを想像する楽しさ、書かれていないことを探る面白さ、そのことにあるのです。いい作品には、読者も追体験できる喜びがあるのです。

      唐崎を出で唐崎へ蜷の道