木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1310話

f:id:mokugyo-sin:20140106065809j:plain

釜座

 数え歌「ころもしんかま(衣棚・新町・釜座・・)の釜座(かまんざ)です。新町通りの一筋西が釜座(かまんざ)通りとなります。北は下立売(しもだちゅうり)通りの上京区東裏辻町から、南は三条通りの中京区釜座(かまんざ)町までを指します。天正18年(1590)、秀吉の都市計画改造時の開通とされていますが、これについては異説もあるそうです。名称の由来については、宝暦12年(1762)に刊行された『京町鑑』に「此通三条辺に釜を鋳すもの多く住居せしゆえ号すなり」とあり、これに基づくものと考えられます。近世以降、練張物・仏具屋などが多く商いしたようです。「釜座」(かまんざ)は、両替町の項で触れた、金座、ないし銀座のような「座」(ギルド)とは意味合いが異なるようです。

     お静かに鳰の潜りしこのあたり