木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1308話

f:id:mokugyo-sin:20140106065656j:plain

衣棚

 数え歌「ころもしんかま(衣棚・新町・釜座) にしおがわ(西洞院・小川) あぶらさめがいほりかわのみず(油小路・醒ヶ井・堀川)」の衣棚(ころものたな)通りです。室町通りの一筋西になります。北は賀茂川西堤下の北区小山東玄以町から、南は六角通りの中京区玉蔵町までを指します。ただし、今出川以北は曲折があり、また、一条通ー下長者町の間は中断します。天正年間(1573~92)、なかんずく中京区の区間は、秀吉の都市改造により新設されたと伝えられます。名称の由来については、天正以来、この通りの三条付近に法衣(ほうえ)屋が軒を連ねていたことによるようです。近世以降、呉服屋・唐本屋などがあったようです。現在は住宅と南部には商店が多く、法衣(ほうえ)店も現存するようです。

     ツアーバス樹氷の中をつき抜ける