木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第747話

f:id:mokugyo-sin:20131227063453j:plain

泥のなかから 蓮が咲く それをするのは 蓮ぢゃない。
卵のなかから 鶏がでる それをするのは 鶏ぢゃない。
それに私は 気がついた。(金子みすゞ

 ボサツのところに猿がきて「水が呑めずに困っております」という。ワニが池に棲みついたので怖くて水が呑めないのです。ボサツが調べると、なるほど、池の方に向かった足跡はありますが戻ってきた足跡はありません。そこでボサツは「生えている葦(あし)よすべて空(うつろ)になれ」と唱えプウと吹くと、中が空(うつろ)になりました。みんなも同じことをして、その葦(あし)を手に池の岸にぐるりとすわり、みんなで水を飲みました。悪いワニは、どうにもならず池の底へと戻ってゆきました。

     金剛に瑠璃玻璃瑪瑙竜の玉