木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第742話

f:id:mokugyo-sin:20131227063031j:plain

大自在王の華幢は畢竟空とさしそびゆ

 大自在王菩薩(だいじざいおうぼさつ)は、何事もなしうる神通力をそなえ、その威力(いりき)でわたしたち衆生を救って下さる菩薩です、手には鼓(つづみ)を持たれます。

 仏教が説く「空」(くう)とは、「私だけが・・」という執着を外れ「持ちつ持たれつ」の真理に目覚め、自由自在「ありがまま」の境地にいたることを指します。大自在王菩薩(だいじざいおうぼさつ)の掲げられる、華幢(けどう)、すなわち花で飾られた旗鉾(はたほこ)が、この世は畢竟(ひっきょう)「空」(くう)の世界とはためきます。

     大寒や越前若狭笹かれひ