木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第739話

f:id:mokugyo-sin:20131227062806j:plain

月光王菩薩のふりつゞみ十方世界に響かせり

 月光王菩薩(がっこうおうぼさつ)は、月の光のように清らかで汚れのない徳を持ち、そのみ光りでわたしたち衆生を救い摂って下さる菩薩です。手には豆太鼓をお持ちになります。

 月光王菩薩(がっこうおうぼさつ)が、膝の上でお打ちになる豆太鼓の音は、十方世界(じっぽうせかい)、つまり全世界の隅々にまで響きわたります。それは月の光りが、あたかも地上のすべてのものに降りそそいで照らすように、わたしたちすべての衆生を救い摂って洩らすことがありません。

     凍鶴の脛に固まる痛さかな