木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第729話

f:id:mokugyo-sin:20131227061856j:plain

普賢菩薩の幡蓋は恒順衆生と指かゝる

 普賢菩薩(ふげんぼさつ)は文殊菩薩もんじゅぼさつ)とともに釈迦三尊(しゃかさんぞん)の脇侍(わきじ)として知られます。文殊菩薩が<智恵の菩薩>であるのに対して、普賢菩薩(ふげんぼさつ)は定行(じょうぎょう)、つまり<求道の菩薩>として信奉されます。

 普賢菩薩(ふげんぼさつ)は、幡蓋(ばんがい)、つまり傘のような形をした装身具をお持ちです。この菩薩は、自身の修行の功徳(くどく)をわたしたち衆生にふり向け、わたしたちの修行の態度が続くようにと、その幡蓋(ばんがい)を指(さし)かけて下さるのです。

     角樽に天酒満して節振舞