木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第710話

f:id:mokugyo-sin:20131226094729j:plain

 豪快な象の放下(大小)のシャッターチャンスに恵まれました(写真)。さて、「放下」(ほうげ)とは、禅家の用いる用語で「放り投げて落す」意味となります。

   「与えるもののよろこびの
        餅をいただく」(種田山頭火

 「放下」(ほうげ)とは、放り投げて落すこと、放棄することだといいました。仏教用語としての意味は、心身にまつわる一切の執着(しゅうちゃく)、またその原因となるものを捨てた解脱(げだつ)の境地、悟りの境地を指します。「何物も持たないがゆえに一切のものを有する」ということです。

     夜咄はこれより佳境十夜寺