木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第683話

f:id:mokugyo-sin:20131226064515j:plain

 極楽世界(睡蓮の池)の隣ににパラグアイ鬼蓮が咲いていました。こういうと簡単のようですが、寿命の短い、このでかい<おにはす>をカメラに収めるのは、なかなか努力がいります。

   「どうにもならんことは、
     どうする必要もないこと」(安田理深)

 日本の<おに>の語源については諸説があるようですが<穏(おん)>の字音が転訛した、これが一般的です。すなわち、異なる世界にあって不断は目に見えないが、折にふれてあらわれて種々の災禍をもたらす・・こうした超人間的な<もの>が「六道輪廻」(ろくどうりんえ)の思想と結びついて「餓鬼」(がき)が誕生したのでしょう。

   酔いどれの鬼三匹や萩の夜