木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第682話

f:id:mokugyo-sin:20131226064429j:plain

 「きゃ~動いた」。女の子が騒ぐので見たら、すいれんの咲く池に<さぎ>が・・置物かも?それが突然<まばたき>したので、嬌声となったのです。まるで極楽世界のようでした。

   「今、今、今、一度だけの今」

 「極楽」(ごくらく)とは、原語の意味は<楽のあるところ>だそうです。仏教では、阿弥陀仏(あみだぶつ)の住む世界、つまり極楽世界を指します。極楽は、また<国土を清める>という菩薩道(ぼさつどう)の実践を意味します。それが成就した<さとり>の世界でもあります。ですから「浄土」(じょうど)とも称されます。ぼくがお浄土に生まれかわったら<サギ坊主>に?

   草団子あげるいらぬの十三夜