木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第671話

f:id:mokugyo-sin:20131226063430j:plain

 昔、女性の出入りを禁じた女人結界(にょにんけっかい)があり、律寺(りつてら)などでは守られていたようです。むむ、大黒さんとぼくに見えない<結界>が?

  「小うるさい精神や神経の曲折は
    いっさい捨てて正面から、堂々と
      この女を愛してやろう」(『芳兵衛物語』)

 「結界」(けっかい)とは、教団の秩序を維持するために一定の区域を区切ることです。密教では修行道場に魔障が入らないように「国土結界」(こくどけっかい)、「道場結界」(どうじょうけっかい)、「壇上結界」(だんじょうけっかい)などを設けます。多くの寺では、本堂の内陣(ないじん)と外陣(げじん)の間に<さく>を設けて結界とするようです。

    日除して七八軒の長屋かな