木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第622話

f:id:mokugyo-sin:20131225063201j:plain

 「舎利」(しゃり)はサンスクリット語のシャリーラの音訳です。もとは身体を意味する言葉ですが、いつしか釈迦の遺骨、つまり「仏舎利」(ぶっしゃり)を指すようになります。

  「悲しいことが多いのは
     自分のことしか分からないからだ」(石川洋)

 釈迦がクシナガラでこの世を去られたとき、その遺体は火葬されて仏舎利となりました。その後インドにおいて、仏舎利信仰および仏舎利を収めた舎利塔信仰はさかんとなります。日本に伝わる仏舎利としては、名古屋の日泰寺に伝わるものが有名です。また、別のルートで浅草寺にも伝えられ安置されています。

     本尊は秘仏に御座す御身拭