木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第605話

f:id:mokugyo-sin:20131225050341j:plain

 仏教とは、①仏の説かれた教え、②仏になるための教えと述べました。しかしさらに、③仏であることの教え、でもあります。それでは「仏である」こととは?仏のような心をもつことであります。

 『観無量壽経』(かんむりょうじゅきょう)の中に「仏心とは大慈悲心これなり」とあります。仏心とは<ほとけごころ>と読んでもよいかと思います。つまり、慈悲の心であります。いっぱんに「あの人は仏さまのような人」と用いる、そのことです。道で寝そべる犬をも拝んで通る。それは、犬も仏になる仏性をもっている。その仏性がありがたくて拝むのだ・・このような人を「妙好人」(みょうこうにん)と呼びますが・・生きながら仏なった人です。

     春うらら喰う寝る処に棲むところ