木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第560話

f:id:mokugyo-sin:20131224172522j:plain

 日本固有の神、九州宇佐氏の氏神に始まるとされる「八幡大菩薩」(はちまんだいぼさつ)は、上記の諸菩薩とはまた、違った意味の菩薩といえます。

 伝承では、応神天皇垂迹(すいじゃく)神、応神降誕のtき赤旗八流が虚空にたなびいた・・ことにもとづくとされています。これによればもとは<やはた>と読んだともいわれます。また、八幡信仰は、神仏習合本地垂迹(ほんちすいじゃく)の思想をふまえながら、時の朝廷(国家権力)とも結びついて、大いにその勢力を伸ばしたようです。その後、権力の招請により、山城(京都)に石清水八幡(いわしみずはちまん)、相模(神奈川)に鶴岡八幡(つるがおかはちまん)宮をはじめ全国に八幡宮の造営があいつぎます。神仏習合の結果とはいえ、神体を菩薩と呼称したところに興味があります。

 花売の少女羽化する青夜かな(応募作品9)