木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第558話

f:id:mokugyo-sin:20131224172353j:plain

 「地蔵菩薩」(じぞうぼさつ)のことです。バラモン教の地神をル-ツに仏教に受容されたという説もあるようですが、いずれにしても上記の4菩薩が仏教の正統派の菩薩とすれば、地蔵菩薩庶民信仰の中から誕生し広まったといえます。その理由は、原語が大地、ないし胎・子宮の包蔵を意味するところから、大地の徳を吸収する意味と、後に冥界(六道)からの救済者の意味が加わり、仏教においては、めずらしく「現世利益」(げんせりやく)をもたらす菩薩として庶民信仰のナンバーワンとなったようです。

 地蔵信仰については、中世以降、浄土教の流布にしたがって「地獄の思想」との関連で、善根を積めない庶民の間に根強くひろまり現在にいたっています。文化財、文学、絵画など例を挙げるときりがありませんし、六地蔵信仰、辻の守り地蔵、町内の地蔵尊など庶民信仰として特筆すべきです。

  嚔してイエスの恋文捧げける(応募作品7)