木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第443話

f:id:mokugyo-sin:20131223065733j:plain

 風邪でもないのにクシャミが出ます。消化剤が犯人らしいので飲むのを止めました。アメリカがクシャミをしたら、日本がなんとかと?と聞いたことがありますけれど、おうまがしたところで世の中が変わるもので無し…秋口は毎年へたりますなぁ~ なのに何かしたくなるので困ります。(おうま)
 
    「睡蓮や句帳余白にある乾き」(おうま)

 「お風邪ですか?」。木魚が電話口に出ると、きまって、相手の人がお尋ねになります。そう、木魚和尚は鼻炎持ちなのです。(いかにも下品そうな)はっくしょんを、ひっきりなしにやります。ご法事など、お経は読むし、木魚も叩くし、くしゃみはするし・・・それはそれは忙しいことです。さぞ檀家さんは、有難くもなんともない? 困るのは運転中(瞬間的に目を閉じる)です。でそうになると目を閉じないようがんばりますか・・・ところで、おうまさん。昔、(目をあけたままで)大接吻をしたことは? 秋は、つまらぬことも連想します。

   これやこの天下御免の放屁虫