木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第406話

f:id:mokugyo-sin:20131221153413j:plain

 富士山を 丸ごと漉して 泉湧く

「泉」は、いきよいよく湧き出る水のことです。川の源流となるよう湧き出る水のことです。富士山とは大げさですが、樹海にたくわれられた豊かなな水が、あちらこちらから湧きだし、流れ下って<いのち>を育んでゆくのです。

 「人間は、欲に手足の付たる物そかし」(井原 西鶴

 「地球は青かった」。これは、初の宇宙飛行士ガガーリン少佐の言葉でした。地球が青く見えたのは、地球が水の惑星であるからです。だからこそ生命が誕生し、その裾野にいま私たちが暮らしていけるのです。この<いのち>の素を保存する大自然を壊してはなりません。