木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第404話

f:id:mokugyo-sin:20131221153241j:plain

ラムネ飲む 托鉢僧の 喉仏

 托鉢僧といえば、大徳寺で修行する雲水たちが、紫野の周辺を「ホーホー」と喜捨をうけて回る姿を思いだします。修行の身ですから、ラムネなど飲むわけはありませんが、彼らの気持ちを代弁しただけのことです。

   「おこるな。いばるな。あせるな。
            くさるな。まけるな」(堀田 庄三)

 ぼくの息子も東京から戻れば、この「ホーさん」ほどのことはないとしても、それなりの修行(3年)をしなくてはなりません。坊主の生涯で一番に真摯になれるときですから・・・それなりに燃えてくれることでしょう。