木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第376話

f:id:mokugyo-sin:20131221103942j:plain

のれそれと 姿みせない 雨蛙

 蛙の「目借時」(めかりどき)すなわち、恋の季節(2、3月)から、蛙を追ってきました。やっとどこにでも見かけるようになりまし。しかし撮影となると・・・声はすれども姿はみせず。さて「のれそれ」は四国地方の魚の名?と聞きました。ですから揚句の使い方は正しくない?でも語感としては・・・

 「パープリン。ポッポシャン。パーペキ」(小林よしのり

 古い話で恐縮です。上掲の片仮名は、漫画界の鬼才・小林よしのり氏の造語です。伝統的な日本語の美しさからすれば「パープリン」などもってのほか・・・ぼくもそう思います。しかし、言い得て棄てがたい「語感」があるのも事実です。