木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第363話

f:id:mokugyo-sin:20131221063233j:plain

春深し 休業とある 喫茶店

 ひさしぶりに、お馴染みの喫茶店の前を通りかかったところ「休業」の張り紙がしてありました。ものみな芽吹くこの頃に、おなじみの店が閉じるのはやはり寂しいことであります。こうしたご時勢ですから、仕方のない事情があるのでしょうが・・・

   「土となる落葉が春の芽を育てる」(迷亭 木魚)

 諸行無常(しょぎょうむじょう)という言葉は、どうかすると「諸行無情」(はかなさ)のマイナスイメージに受け取られます。それが間違いとはいえませんが、釈迦の教え・仏教の「諸行無常」は、四季のうつろい、大自然のサイクルこそ真理である。と、プラス思考にとらえることです。