木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第312話

f:id:mokugyo-sin:20131220143502j:plain

 冴返る あの世覗きの 穴一つ

 雪が消えれば穴も消えます。この世が消えればあの世も消えます。ですから、今生(この世)も来世(あの世)も「持ちつもたれつ」なのです。「今生を生きているだけ丸儲け」。がんばらなくては。


   「雪のうちに佛の御名を称うれば、
           積れる罪ぞやがて消えぬる」(法然上人)

 地位、名誉、財産、学問があって・・・つまり、条件にかなったごく一部の人だけが極楽往生できるなら・・・そうでない大部分の庶民はどうなるのか?これが法然上人の最大の疑問でした。