木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第305話

f:id:mokugyo-sin:20131220142549j:plain

今生は 生きてなんぼや 寒卵

 寒中の卵は、黄味が盛りあがり、ことさら養分(活力)も旺盛とされます。そんな、まだぬくもりのある卵を、熱飯にかけて喰ってしまうなんて・・・人間もずいぶんと身勝手なものです。

   「見るもの聞くものすべてが仏なん」(大西 良慶)

 混沌(こんとん)の中に天地が交わって万物が生まれる。とありますが、しょせん、わたしたちは穴(?)から産まれて穴(釜)にもどる・・・こんな即物的なことをいうと「あんたそれでもお坊さん?」と叱られそうですが、こんなことをまじめに考える歳になりました。