読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2964話

(学生ナンダの質問)ブッダは答えた「ナンダよ。これらの(道の人)バラモンたちはすべて、(哲学的)見解によって、また伝承の学問によっても清浄になれると説く。戒律や誓を守ることによっても清浄になれると説く。そのほか種々のしかたで清浄になれると…

木魚歳時記 第2963話

(学生ナンダの質問)ナンダがいった「およそこれらの(道の人)バラモンたちは、(哲学的)見解によって、また伝承の学問によっても、清浄になれるといいます。戒律や誓を守ることによっても清浄になれるといいます。そのほか種々のしかたで清浄になれると…

木魚歳時記 第2962話

(学生ナンダの質問)ブッダは答えた「ナンダよ。世の中で、真理に達した人たちは(哲学的)見解によっても、伝承の学問によっても、知識によっても聖者だとは言わない。(煩悩の)魔軍を撃破して、苦悩なく、望むことなく行う人々、かれこそ聖者である。」…

木魚歳時記 第2961話

(学生ナンダの質問)ナンダがたずねた「世間に諸々の聖者がいると世間は語る。それはどうしてですか? 世間は知識をもっている人を聖者と呼ぶのですか? あるいは(簡素な)生活を送る人を聖者と呼ぶのですか?」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好きな俳…

木魚歳時記 第2960話

(学生ウパシーヴァの質問)師(ブッダ)は答えた「ウパシーヴァよ。滅びてしまった者には、それを測る基準が存在しない。かれを論ずるものは存在しない。あらゆることがらがすっかり絶やされたとき、あらゆる論議の道はすっかり絶えてしまうのだ。」(スッ…

木魚歳時記 第2959話

(学生ウパシーヴァの質問)ウパシーヴァがいった「滅びてしまったその人は存在したのでしょうか? 或いはまだ常住であってそこなわれなのでしょうか? 聖者(ブッダ)さま。どうかそれをわたくしに説明してください。あなたはこの理法をあるがままに知って…

木魚歳時記 第2958話

(学生ウパシーヴァの質問)師(ブッダ)は答えた「ウパシーヴァよ。たとえば強風に吹き飛ばされた火炎は滅びてしまって(火としては)数えられないように、そのように聖者は名称と身体から解脱(げだつ)して滅びてしまって、(存在する者としては)数えら…

木魚歳時記 第2957話

(学生ウパシーヴァの質問)ウパシーヴァさんがいった「あまねく見る方(ブッダ)よ。もしもかれがそこから退きあともどりしないで多年そこにとどまるならば、かれはそこで解脱(げだつ)して、清涼(しょうりょう)となるのでしょうか? またそのような人の…

木魚歳時記 第2956話

(学生ウパシーヴァの質問)師(ブッダ)は答えた「ウパシーヴァよ。あらゆる欲望に対する貪(むさぼ)りを離れ、無所有にもとづいて、その他のものを捨て(最上の想いからの解脱において)解脱した人、かれは退きあともどりすることなく、そこに安住するで…

木魚歳時記 第2955話

(学生ウパシーヴァの質問)ウパシーヴァさんがいった「あらゆる欲望に対する貪(むさぼ)りを離れ、無所有にもとづいて、その他のものを捨て、最上の(想いからの解脱)において解脱した人、かれは退(しりぞ)き、あともどりすることなく、そこに安住する…

木魚歳時記 第2954話

(学生ウパシーヴァの質問)師(ブッダ)はいわれた「ウパシーヴァよ。よく気をつけて、無所有をめざしつつ『何も存在しない』と思うことによって、煩悩(ぼんのう)の激流を渡れ。諸々の欲望を捨てて、諸々の疑惑(ぎわく)を離れ、妄執(もうしゅう)の消…

木魚歳時記 第2953話

(学生ウパシーヴァの質問)ウパシーヴァさんがたずねた「シャカ族の方(ブッダ)よ、わたしは、独りで他の者にたよることなくして大きな煩悩(ぼんのう)の激流をわたることはできません。わたしのためにこの激流をわたり得る(よりどころ)をお説きくださ…

木魚歳時記 第2952話

(学生ドータカの質問)師(ブッダ)は答えられた「ドータカよ。上と下と横と中央とにおいてそなたが気づいてよく知っているものは何であろうと、それは世の中における執著(しゅうじゃく)の対象であると知って、移りかわる生存への妄執(もうしゅう)をい…

木魚歳時記 第2951話

(学生ドータカの質問)学生ドータカはいう「偉大な仙人(ブッダ)さま、わたくしはその最上の安らぎを受けて歓喜します。それを知ってよく気をつけて行い、世の中の執著(しゅうじゃく)を乗り超えましょう。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好きな俳句…

木魚歳時記 第2950話

(学生ドータカの質問)師(ブッダ)は答えられた「ドータカよ。伝承によるのではない。まのあたりに体得されるこの安らぎを、そなたに説き明かすであろう。それを知ってよく気をつけて行い、世の中の執著(しゅうじゃく)を乗り超えよ。」(スッタニパータ…

木魚歳時記 第2949話

(学生ドータカの質問)学生ドータカはいう「ブッダさま。慈悲を垂れて(この世の苦悩から)遠ざかり離れる理法を教えてください。わたしはそれを認識したいのです。わたくしは、虚空のように、乱され濁ることなしに、この世において静まり、依りすがること…

木魚歳時記 第2948話

(学生ドータカの質問)師(ブッダ)は答えられた「ドータカよ。わたくしは世間におけるいかなる疑惑者をも解脱(げだつ)させ得ないであろう。ただそなたが最上の真理を知るならば、それによって、煩悩(ぼんのう)の激流を渡るであろう。」(スッタニパー…

木魚歳時記 第2947話

(学生ドータカの質問)ドータカはいう「わたくしは、神々と人間との世界において何ものをも所有せずにふるまうあなた(ブッダ)を見ます。あまねく見る方(ブッダ)よ、わたしはあなたを礼拝します。シャカ族の方(ブッダ)よ、わたくしを諸々の疑惑から解…

木魚歳時記 第2946話

(学生ドータカの質問)師(ブッダ)は答えられた「ドータカよ。この世において賢明であり、よく気をつけて熱心に努めよ。この(わたくしの口から出る)声を聞いて、自己の安らぎを学べ。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好きな俳句(705) 木下夕爾さん…

木魚歳時記 第2945話

(学生ドータカの質問)ドータカさんがたずねた「先生(ブッダ)! わたしはあなた(ブッダ)におたずねします。このことをわたしに説いてください。偉大なる仙人(ブッダ)さま。わたくしはあなたのおことばを頂きたいのです。あなたのお声を聞いて、自分の…

木魚歳時記 第2944話

(学生メッタグーの質問) 師(ブッダ)は答えられた「かの人(ブッダ)はこの世で悟った人であり、ヴェーダの達人であり、種々の生存に対するこの執念を捨てて、妄執(もうしゅう)を離れ、悩むことがない。『かれ(ブッダ)は生と老衰とを乗り超えた』とわ…

木魚歳時記 第2943話

(学生メッタグーの質問) 師(ブッダ)は答えられた「何ものをも所有せず、欲の生存に執著(しゅうじゃく)しないバラモンであるブッダ、かれはたしかに煩悩(ぼんのう)の激流を渡った。かれは彼岸に達して、心の荒(すさ)びなく疑念もない。」(スッタニ…

木魚歳時記 第2942話

(学生メッタグーの質問)メッタグーはいう「聖者(ブッダ)さま。あなたが懇切に教え導かれた人々もまた今や苦しみを捨てるでしょう。ブッダよ。わたくしは、あなたの近くにいて礼拝いたしましょう。先生(ブッダ)! どうか、わたくしに教えてください。」…

木魚歳時記 第2941話

(学生メッタグーの質問)学生メッタグーはいう「偉大な仙人(ブッダ)のことばを聞いてわたしは喜びます。ゴータマ・ブッダさま。煩悩(ぼんのう)の要素のない境地がよく説き明かされました。たしかに先生(ブッダ)は苦しみを捨てられたのです。あなたは…

木魚歳時記 第2940話

(学生メッタグーの質問) 師(ブッダ)は答えられた「メッタグーよ。このようにして、よく気をつけ、怠ることなく行う修行者は、わがものとみなして固執(こしゅう)したものを捨て、生や老衰や憂いや悲しみをも捨てて、この世で智者となって、苦しみを捨て…

木魚歳時記 第2939話

(学生メッタグーの質問) 師(ブッダ)は答えられた「メッタグーよ。上と下と横と中央において、そなたが気づいてよく知っているものは、何であろうと、それらに対する喜びと偏執(へんしゅう)と識別とを除き去って、変化する生存状態のうちにとどまるな。…

木魚歳時記 第2938話

(学生メッタグーの質問)学生メッタグーはいう「偉大な仙人(ブッダ)さま、わたくしはその最上の理法を受けて歓喜します。その理法を知って、よく気を付けて行い、世間の執著(しゅうじゃく)を乗り超えるでしょう。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好…

木魚歳時記 第2937話

(学生メッタグーの質問) 師(ブッダ)は答えられた「メッタグーよ。伝承によるのではなく、いま眼(ま)のあたりに体得できる理法を知ってよく気をつけて行い、世間の執著(しゅうじゃく)を乗り超えよ。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好きな俳句(6…

木魚歳時記 第2936話

(学生メッタグーの質問)学生メッタグーはいう「われらがあなた(ブッダ)におたずねしたことを、あなたはわれらに説き明かしてくださいました。あなたに他のことをおたずねします。諸々の賢者は煩悩(ぼんのう)の激流、生と老衰、憂いと悲しみとをどのよ…

木魚歳時記 第2935話

(学生メッタグーの質問) 師(ブッダ)は答えられた「実に知ることなくして執著(しゅうじゃく)をつくる人は愚鈍(ぐどん)である。くり返し苦しみに近づく。だから、苦しみの生起(しょうき)する原(もと)を観じた人は、再生の素因(=執著)をつくって…

木魚歳時記 第2934話

(学生メッタグーの質問) 師(ブッダ)は答えられた「メッタグーよ。そなたは、わたしに苦しみの生起(しょうき)する元を問うた。わたしは知り得たとおりに、それをそなたに説き示そう。世の中にある種々様々な苦しみは、執著(しゅうじゃく)を縁(えにし…

木魚歳時記 第2933話

(学生メッタグーの質問)メッタグーが尋ねた「ブッダ! あなたにおたずねします。あなたはヴェーダ(聖典)の達人、心を修養された方だと考えます。世の中にある種々様々な苦しみは、どこから現れたのですか。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好きな俳…

木魚歳時記 第2932話

(学生ブンナカの質問)師(ブッダ)は答えた「ブンナカよ。世の中でかれこれ(の状態)を究め、明(あき)らめ、世の中で何ものにも動揺することなく、安らぎに帰し、苦悩なく、望むことのない人、彼が、生と老衰を乗り超えた人である。」(スッタニパータ…

木魚歳時記 第2931話

(学生ブンナカの質問)ブンナカが尋ねた「もしも供犠(くぎ)に専念している彼らが、祭祀(さいし)によって生と老衰とを乗り超えていないならば、神々と人間の中で、生と老衰を乗り超えたのは誰なのですか?」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好きな俳句…

木魚歳時記 第2930話

(学生ブンナカの質問)師(ブッダ)は答えられた「ブンナカよ。仙人や王族たちは希望し、称賛し、熱望して、献供する。利益を得ることに縁(よ)って欲望を達成しようと望むからである。供犠(くぎ)に専念している者どもは、この世の生存を貪(むさぼ)っ…

木魚歳時記 第2929話

(学生ブンナカの質問)ブンナカがたずねた「先生(ブッダ)さま! およそこの世で仙人や常の人々や王族やバラモンが盛んに神々に犠牲を捧げましたが、祭祀(さいし)の道において、怠(おこた)らなかったかれらは、生と老衰をのり超えたのでしょうか?」(…

木魚歳時記 第2928話

(学生ブンナカの質問)師(ブッダ)は答えられた「ブンナカよ。およそ仙人や常の人々や王族やバラモンが、この世で盛んに神々に犠牲を捧げたのは、現在の生存状態を希望して、老衰に至らぬよう犠牲を捧げたのである。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好…

木魚歳時記 第2927話

(学生ブンナカの質問)ブンナカさんがたずねた「動揺することなく根本を達観せられたるあなた(ブッダ)におたずねします。仙人や常の人々や王族やバラモンは、何の故にこの世で盛んに神々に犠牲を捧げたのですか? それをわたしに説いてください。」(スッ…

木魚歳時記 第2926話

(学生ティッサ・メッテイアの質問)師(ブッダ)は答えられた「かれ(修行者)は両極端を知りつくして、よく考えて、(両極端にも)中間にも汚されない。かれを、わたしは(偉大な人)と呼ぶ。かれはこの世の妄執を超えている。」(スッタニパータ) 「ボク…

木魚歳時記 第2925話

(学生ティッサ・メッテイアの質問)師(ブッダ)は答えられた「ティッサよ。諸々の欲望に関しては清らかな行いを守り、妄執(もうしゅう)を離れて、つねに気をつけ、究め明らめて、安らいに帰した修行者である彼には動揺は存在しない。」(スッタニパータ…

木魚歳時記 第2924話

(学生ティッサ・メッテイアの質問)ティッサ・メッテイアさんがたづねた「この世で、満足している人は誰ですか? 動揺することがないのは誰ですか? 両極端を知りつくして、よく考えて、(両極端にも)中間にも汚されない、聡明な人は誰ですか? あなたは誰…

木魚歳時記 第2923話

(学生アジタの質問)師(ブッダ)は答えられた「修行者は諸々の欲望に耽(ふけ)ってはならない。こころが混濁(こんだく)していてはならない。一切の事物の真相に熟達(じゅくたつ)し、よく気をつけて遍歴せよ。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好き…

木魚歳時記 第2922話

(学生アジタの質問)アジタが尋ねた「この世には真理を究(きわ)める者もあり、明(あき)らかにした人々もあり、学びつつある人々もあり、凡夫(ぼんぷ)もあります。お尋ねします。賢者(ブッダ)よ、どうか彼らのふるまいについて語ってください。」(…

木魚歳時記 第2921話

(学生アジタの質問)師(ブッダ)は答えられた「アジタよ。そなたが質問したことを、わたしはそなたに語ろう。識別作用が止滅(しめつ)することによって、名称と形態とが滅びる。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好きな俳句(680) 池田澄子さん。「大…

木魚歳時記 第2920話

(学生アジタの質問)アジタが尋ねた「(ブッダに対し)わが友よ。智慧と、気をつけることと、名称と、形態とは、いかなる場合に消滅するのですか? おたずねします。このことをわたしに説いてください。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好きな俳句(679…

木魚歳時記 第2919話

(学生アジタの質問)師(ブッダ)は答えられた「アジタよ。世の中におけるあらゆる煩悩(ぼんのう)の流れをせき止めるものは、気をつけることである。(気をつけることが)煩悩(ぼんのう)の流れを防ぎまもるものである。とわたくしは説く。その流れ(せ…

木魚歳時記 第2918話

(学生アジタの質問)学生アジタが尋ねた「煩悩(ぼんのう)の流れはあらゆるところに向かって流れる。その流れをせき止めるものは何ですか? その流れは何によって塞(ふさ)がれるのでしょうか? それを説いてください。」(スッタニパータ) 「ボクの細道…

木魚歳時記 第2917話

(学生アジタの質問)学生アジタが尋ねた「世間は何によって覆(おお)われているのですか? 世間は何によって輝かないのですか? 世間を汚すものは何ですか? 世間の大きな恐怖は何ですか? それを説いてください。」(スッタニパータ) 「ボクの細道]好き…

木魚歳時記 第2916話

(学生アジタの質問)師(ブッダ)は答えられた「学生アジタよ。世間は無明(むみょう)によって覆われている。世間は貪(むさぼ)りと怠惰(たいだ)のゆえに輝かない。欲心が世間の汚れである。苦悩が世間の大きな恐怖である。とわたくしは説く。」(スッ…

木魚歳時記 第2915話

(ブログ筆者より)以上で「彼岸に至る章」(序)を終わります。『スッタニパータ』次は、「彼岸に至る章」(学生の質問)です。「学生」とは、(序)で触れた、バーヴァリの弟子(16名)のことです。学生アジタの質問にブッダが答えられます。 「ボクの細…