木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2019-04-17から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3765話 

彼は寂心となるとすぐに、国史や諸人の別伝、また世上の見聞にもとづいて『日本往生極楽記』を書いた。あたかもほとんだ時を同じくして勧学会の一員であった僧恵心院源信(えしんいんげんしん)も『往生要集』三巻を著した。この書は経文から往生に関する部…