木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-11-08から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3605話

皇円は摂政兼家の四男、豊前守(ぶぜんのかみ)藤原道兼の四世の孫で、長兄資隆(すけたか)が肥後守であったために肥後のアジャリと号したので、当時『扶桑略記』(ふそうりゃっき)の推敲中でもあったろうか、当時功徳院の門は常に閉ざされていた。(佐藤…