木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-10-11から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3577話

(三)従者はころあいを見はからい、ていねいな一礼をしてから、「では、間違いなくお共致して参ります。馬の鞍も津山あたりで手にいれましょう。どうぞ何事もご心配なく」(佐藤春夫『極楽から来た』)280 汗だくの鴉ごろごろ鳴いてゐる 「ボクの細道]好き…