木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-07-14から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3488話

「そうであったか。さもあろう」 と、観覚はうなずいてから、「その極楽のことだが、正直に申せば、わしはまだ人間の名聞に迷って極楽のことも、ほんとうは知らないでいる。そなたに聞かしてもらいたいと思っているほどである。(佐藤春夫『極楽から来た』)…