木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-06-15から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3459話

童子は彼の心を襲う何とも知れないものは、母を慕い亡き父をなつかしく一念で、やがて寄るべのないおのれの孤独感であるということを、この大きな風景を前にして弓削や稲岡の黄ばんだ田の面を刻々にうすれ行く夕日かげを見ているうちに追々と気づいた。(佐…