木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-05-17から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3430話

童子はひとり捨てられているような気持ちで、しょざいない。といって、今さら今までのように小矢を選ぶわけにもならない。こんな時、彼はひとり房に帰って、師匠が与えた書物を取り出してこれに目をさらすより仕方がなかった。(佐藤春夫『極楽から来た』)1…