木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-04-09から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3392話

「できてしまっては詮議してもはじまらない。さ、これを持って一刻も早く弓削から出て行くのだ。漆殿は破傷風かも知れぬ。死んでからではもう遅い。今のうちに早く都へあがるのだ。(佐藤春夫『極楽から来た』)96 病葉の己が内なる寂光土 「ボクの細道]好…