木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-04-08から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3391話

うろたえはじめた定明は、思いあまってほかに相談する相手もなく、額の傷をはちまきで包んで、また叔父をたよって行くと、律義者の叔父ははじめ顔色をかえて厳しくしかったが、やがて定国の遺した藤原宗輔あての手紙を取り出し、かねて義兄から預かった金子…