木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-04-06から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3389話

武士団の私闘は当時ありふれた事件で国衙(こくが)でも見逃していたが、事、押領使を襲いこれを殺害したとあっては不問にはすますまい。国衙が定明を求めるのは観学得業のいうとおりである。(佐藤春夫『極楽から来た』)93 短夜の脳にざらつく電子音 「ボ…