木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-03-27から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3379話

わけても子は父の遺言を忘れかね、また理解しかねて不思議なものに思ったらしい。そしていつもそれをいい出しては、定明に小矢を射かけてことが悪かったのではないか、どうかを問うのであった。(佐藤春夫『極楽から来た』)84 少年は水母さかさに砂に描く …