木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-03-15から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3367話

ほんの少々深いかすり傷ぐらいに見えた長い傷口は容易に癒着せず、その手当をあやまったものか化膿し、日々に悪化して行った。(佐藤春夫『極楽から来た』)72 山姥も二つ食ひたる桜餅 「ボクの細道]好きな俳句(1116) 飯田蛇笏さん。「冬山に僧も狩られし…