木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-03-14から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3366話

小矢児の機転は父を危地から救い、よく敵将を手負いにしてひるませたが、敵定明から受けた傷は、小矢児の手柄で、さしたる深手でなくすんだと一門の人々が喜んだのも空(むな)しかった。(佐藤春夫『極楽から来た』)71 爛漫を一山買ひて花見酒 「ボクの細…