木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-01-26から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3319話

しかし定明は父が家出の前に一心に書いていたものがこの手紙や『法華経』であったと思いあたり、そうして去年の二百十日の風は旭川ぞいを、那岐(なぎ)の南を真庭から日野へ街道ぞいに吹き荒れて通り抜け出雲の大風になったと人々が語り伝えたのを思い起し…