木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-01-18から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3311話

(四) 昨日の叔父の言葉をまたもはっきりと思い出した定明は、それにつけ加えて、「そうしてそれっきり帰らないのか」と、ひとり言をいった。叔父から聞かされたあの思いがけない話に、この生別が死別であることを感じ取ったのである。 折から声もかけない…