木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-01-10から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3303話

父からこの話を聞いた若者の定明はもとより、分別ざかりの定国もこの夢を霊夢と信じて少しも疑わなかった。そうして彼は、一人のさぶらひつく者もない主上のお側に早く行かなかった夢の中の自分の、波を押し渡る勇気のなかったのを恥じ悔いていた。 そのため…