木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3165話

「今日のことば」 兎はびっくりして叫びました。 「あ痛っ。狸さん。 ひどいぢゃありませんか。」 (宮沢賢治「顔を洗はない狸」)6 「ボクの細道」好きな俳句(914) 小川軽舟さん。「牛冷すホース一本暴れをり」(軽舟) 暑い盛り、牛たちの体を冷やすこ…

木魚歳時記 第3164話

「今日のことば」 (狸が) 「なまねこ、なまねこ、 みんな山猫さまの おぼしめしどほりになるのぢゃ。 なまねこ。なまねこ。」と云ひながら 兎の耳をかじりました。 (宮沢賢治「顔を洗はない狸」)5 「ボクの細道」好きな俳句(913) 伊丹三樹彦さん。「…

木魚歳時記 第3163話

「今日のことば」 兎も一緒に念猫(ねんねこ)を となえはじめました。 「なまねこ、なまねこ、なまねこ。」 狸は兎の手をとって もっと自分の方へ引きよせました。 (宮沢賢治「顔を洗はない狸」)4 「ボクの細道」好きな俳句(912) 石田波郷さん。「まく…

木魚歳時記 第3162話

「今日のことば」 (狸が) さうぢゃ。みんな往生ぢゃ。 山猫大明神さまの おぼしめしどほりぢゃ。 な。なまねこ。なまねこ。 (宮沢賢治「顔を洗はない狸」)3 「ボクの細道」好きな俳句(911) 山口誓子さん。「ががんぼの必死に交む一夜きり」(誓子) …

木魚歳時記 第3161話

「今日のことば」 狸さま。かうひもじくては 全く仕方がございません。 もう死ぬだけです。 兎がきもののえりを 掻(か)き合わせて云ひました。 (宮沢賢治「顔を洗はない狸」)2 「ボクの細道」好きな俳句(910) 福永鳴風さん。「百日紅男は背中より老ゆ…

木魚歳時記 第3160話

「今日のことば」 狸はわざと顔を洗はなかったのだ。(中略) (狸は)すっかりお腹が空いて一本の松の木に よりかかって目をつぶつてゐました。 すると兎がやって参いりました。 (宮沢賢治「顔を洗はない狸」)1 「ボクの細道」好きな俳句(909) 藤田湘…

木魚歳時記 第3159話

「今日のことば」 (狐の幻燈会) 狐こんこん狐の子、 去年狐のこん助が 焼いた魚を取ろうとし おしりに火がつき きゃんきゃんきゃん。 (宮沢賢治「雪渡り」)17 おわり 「ボクの細道」好きな俳句(908) 高田風人子さん。「年老いし蟻を見掛けしことのなし…

木魚歳時記 第3158話

「今日のことば」 (狐の幻燈会) 狐こんこん狐の子、 去年狐のこん兵衛が 左の足をわなに入れ こんこんばたばた こんこんこん。 (宮沢賢治「雪渡り」)16 「ボクの細道」好きな俳句(907) 広瀬直人さん。「巣を張つて日の暈に入る女郎蜘蛛」(直人) 小径…

木魚歳時記 第3157話

「今日のことば」 (狐の幻燈会) ひるはカンカン日のひかり よるはツンツン月あかり たとへからだがちぎれても 狐の生徒はそねまない。 (宮沢賢治「雪渡り」)15 「ボクの細道」好きな俳句(906) 飯島晴子さん。「うしろからいぼたのむしと教へらる」(晴…

木魚歳時記 第3156話

「今日のことば」 (狐の幻燈会) ひるはカンカン日のひかり よるはツンツン月あかり たとへこゞえて倒れても 狐の生徒はぬすまない。 (宮沢賢治「雪渡り」)14 「ボクの細道」好きな俳句(905) 寺山修司さん。「影を出ておどろきやすき蟻となる」(修司)…

木魚歳時記 第3155話

「今日のことば」 (狐の幻燈会) ひるはカンカン日のひかり よるはツンツン月あかり たとへからだを さかれても 狐の生徒はうそ云ふな。 (宮沢賢治「雪渡り」)13 「ボクの細道」好きな俳句(904) 飯島晴子さん。「夏鶯さうかさうかと聞いて遣る」(晴子…

木魚歳時記 第3154話

「今日のことば」 (狐の幻燈会) 凍(し)み雪しんこ、堅雪かんこ、 野原のおそばはぽっぽっぽ、 酔ってひょろひょろ清作が 去年、十三ぱいたべた。 (宮沢賢治「雪渡り」)12 「ボクの細道」好きな俳句(903) 寺井谷子さん。「本棚のどこかに悪書大西日」…

木魚歳時記 第3153話

「今日のことば」 (狐の幻燈会) 凍(し)み雪しんこ、堅雪かんこ、 野原のまんじゅうはぽっぽっぽ 酔ってひょろひょろ太右衛門が 去年、三十八たべた。 (宮沢賢治「雪渡り」)11 「ボクの細道」好きな俳句(902) 小笠原和夫さん。「鶏の目の少しずれたる…

木魚歳時記 第3152話

「今日のことば」 (やがて二人は) 堅雪かんこ、凍(し)み雪しんこ と歌ひながら、銀の雪を渡って おうちへ帰りました。 (宮沢賢治「雪渡り」)10 「ボクの細道」好きな俳句(901) 鳥居真里子さん。「噴水の背丈を決める会議かな」(真里子) 現役(大学…

木魚歳時記 第3151話

「今日のことば」 (かん子も歌ひます) 狐こんこん狐の子、 狐の団子は 兎(うさ)のくそ。 (宮沢賢治「雪渡り」)9 「ボクの細道」好きな俳句(900) 八田木枯さん。「外掛けで父を倒せし夏みじか」(木枯) ボクは、親父(師僧)から、このようなこと(…

木魚歳時記 第3150話

「今日のことば」 (狐の子も面白さうに) 四郎はしんこ、かん子はかんこ、 黍(きび)の団子を おれやろか。 (宮沢賢治「雪渡り」)8 「ボクの細道」好きな俳句(899) 八田木枯さん。「麦藁帽妙にふかくて寂しいぞ」(木枯) 農村とかならばともかく、麦…

木魚歳時記 第3149話

「今日のことば」 (四郎は笑って) 狐こんこん、狐の子、 お嫁がいらなきゃ 餅やろか。 (宮沢賢治「雪渡り」)7 「ボクの細道」好きな俳句(898) 高野素十さん。「夏木立一とかたまりに桶狭間」(素十) 信長と今川義元が戦った桶狭間(おけはざま)は、…

木魚歳時記 第3148話

「今日のことば」 (そこで子狐は) 四郎はしんこ、 かん子はかんこ、 おらはお嫁はいらないよ。 (宮沢賢治「雪渡り」)6 「ボクの細道」好きな俳句(897) 大木あまりさん。「わが死後は空蝉守になりたしよ」(あまり) 蝉の「ぬけがら」は、いつまでも枯…

木魚歳時記 第3147話

「今日のことば」 (四郎はそこで) 狐こんこん白狐、 お嫁ほしけりゃ、 とってやろよ。 (宮沢賢治「雪渡り」)5 「ボクの細道」好きな俳句(896) 安住 敦さん。「でで虫や父の記憶はみな貧し」(敦) そのとおりです。厳しい、怖い、ビリビリする。それ…

木魚歳時記 第3146話

「今日のことば」 (すると) 凍(し)み雪しんしん、堅雪かん。 と云ひながら、キシリキシリ雪をふんで 白い狐の子が出て来ました。 (宮沢賢治「雪渡り」)4 「ボクの細道」好きな俳句(895) 鈴木六林男さん。「わが死後の乗換駅の潦」(六林男) 「潦」…

木魚歳時記 第3145話

「今日のことば」 堅雪かんこ、凍(し)み雪しんこ。 狐の子ぁ、嫁ぃほしい、ほしい。と 二人は森へ向いて高く叫びました。 (宮沢賢治「雪渡り」)3 「ボクの細道」好きな俳句(894) 上田五千石さん。「ふだん着の俳句大好き茄子の花」(五千石) テレビ…

木魚歳時記 第3144話

「今日のことば」 堅雪かんこ、凍(し)み雪しんこ。 二人は森の近くまで来ました。大きな柏の木は 枝も埋(うず)まるくらゐ立派な透きとほつた 氷柱(つらら)を下げて重そうに身体を 曲げて居りました。 (宮沢賢治「雪渡り」)2 「ボクの細道」好きな俳…

木魚歳時記 第3143話

「今日のことば」 堅雪かんこ、凍(し)み雪しんこ。 四郎とかん子はとは小さな雪沓(くつ)をはいて キックキックキック、野原に出ました。 (宮沢賢治「雪渡り」)1 「ボクの細道」好きな俳句(892) 飯島晴子さん。「畔草に乗る蛇の重さかな」(晴子) …

木魚歳時記 第3142話

「今日のことば」 (柏の大王もよろこんで) 雨はざあざあ ざつざゞゝゝゝあ 風はどうどう どつどゞゝゝゝう あられぱらぱらぱらぱらつたゝあ 雨はざあざあ ざつざゞゞゞゞあ (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)20 おわり 「ボクの細道」好きな俳句(891) …

木魚歳時記 第3141話

「今日のことば」 (木も鳥も声をそろえて) おつきさんおつきさん まんまるゝゝん おほしさんおほしさん ぴかりぴりるゝん かしははかんかの かんからゝゝん うくろはのろづき おつほゝゝゝゝゝん。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)19 「ボクの細道」好…

木魚歳時記 第3140話

「今日のことば」 (ふくろふがみんなで) のろづきおほん、 おほん、おほん、 ごぎのごぎおほん、 おほん、おほん。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)18 「ボクの細道]好きな俳句(889) 摂津よしこさん。「穴掘りに一人は穴に大西日」(よしこ) 「穴掘…

木魚歳時記 第3139話

「今日のことば」 (つづけて) そのくらやみはふくろふの いさみにいさむものゝふが みゝずをつかむときなるぞ ねとりを襲ふときなるぞ。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)17 「ボクの細道]好きな俳句(888) 大島早苗さん。「大夕立土の匂ひの走りけり…

木魚歳時記 第3138話

「今日のことば」 (ふくろふの大将が) からすかんざゑもんは、 くろいあたまをくうらりくらり、 とんびとうざゑもんは あぶら一升でとうろりとろり、 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)16 「ボクの細道]好きな俳句(887) 西田弧影さん。「一燈を点し一…

木魚歳時記 第3137話

「今日のことば」 (たくさんのふくろふが) のろづきおほん、のろづきおほん、 おほん、おほん、ごきげんのおほん、 おほん、おほん、 するする出てきて、柏の木にとまりました。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)15 「ボクの細道]好きな俳句(886) 橋…

木魚歳時記 第3136話

「今日のことば」 (そのまたとなりの柏の木が) 清作が、納屋にしまつた葡萄酒は 順序たゞしく みんなはじけてなくなつた。 わつはつはつは、ホツホウ、がやがやがや・・ 九とうしやう。マッチのメダル。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)14 「ボクの細道…

木魚歳時記 第3135話

「今日のことば」 (そのとなりの柏の木が) 清作は、葡萄(ぶだう)をみんなしぼりあげ、 砂糖を入れて 瓶にたくさんつめこんだ。 おい、だれかあとをつゞけてくれ。 ホツホウ、ホツホウ、八とうぶりきのメダル。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)13 「ボ…

木魚歳時記 第3134話

「今日のことば」 (頑丈さうな柏の木が) 清作は、一等卒の服を着て 野原に行っつて、ぶだうをたくさんとつてきた。 とこうだ。だれかあとをつゞけてくれ。 ホウ、ホウ、七とうしゃう、なまりのメダル。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)12 「ボクの細道…

木魚歳時記 第3133話

「今日のことば」 (三ばん目の柏の木が) うこんしやつぽのカンカラカンのカアン あかいしやつぽのカンカラカンのカアン。 うまいうまい、すてきだ、わあわあ。 六とうしょう、にせがねメタル。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)11 「ボクの細道]好きな…

木魚歳時記 第3132話

「今日のことば」 (となりの柏の木が) こざる、こざる、 おまへのこしかけぬれてるぞ、 霧、ぼつしやん、ぼつしやん、ぼつしやん、 おまへのこしかけくされるぞ。 うまいねえ、うまいねえ、とたんのメタル。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)10 「ボクの…

木魚歳時記 第3131話

「今日のことば」 (少し大きな柏の木が) くるみはみどりのきんいろ、な、 風にふかれて すいすいすい、 くるみはみどりの天狗あふぎ、 風にふかれて さんさんさん。 うまいねえ、ニッケルメタル。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)9 「ボクの細道]好き…

木魚歳時記 第3130話

「今日のことば」 (猫のうたです) やまねこ、にやあご ごろごろ さとねこ たつこ、ごろごり。 わあ、うまいうまい。 わつはゝ、わつはゝ。水銀メタル。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)8 「ボクの細道]好きな俳句(879) 飯島晴子さん。「泉の底に一本…

木魚歳時記 第3129話

「今日のことば」 (狐のうたです) きつね、こんこん きつねのこ、 月よにしつぽが燃えだした。 わあ、うまいうまい。 わつはゝ、わつはゝ。きんいろメタル。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)7 「ボクの細道]好きな俳句(878) 安住 敦さん。「本ばかり…

木魚歳時記 第3128話

「今日のことば」 (柏の若い木が) うさぎのみゝはながいけど うまのみゝよりながくない。 わあ、うまいうまい。 あゝはゝ、あゝはゝ、白金メタル。 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)6 「ボクの細道]好きな俳句(877) 中村草田男さん。「厚餡割ればシク…

木魚歳時記 第3127話

「今日のことば」 (つづき) 九とうしやうは マッチのメタル 十といしやうから百とうしやうまで あるやらないやらわからぬメタル (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)5 「ボクの細道]好きな俳句(876) 福田甲子雄さん。「じりじりと山の寄せくる油照り」(…

木魚歳時記 第3126話

「今日のことば」 (つづき) 五とうしやうは とたんのメタル 六とうしやうは にせがねメタル 七とうしやうは なまりのメタル 八とうしやうは ぶりきのメタル (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)4 「ボクの細道]好きな俳句(875) 今瀬剛一さん。「鶏小屋に…

木魚歳時記 第3125話

「今日のことば」 (画かきがうたひます) 一とうしやうは 白金メタル 二とうしやうは きんいろメタル 三とうしやうは すゐぎんメタル 四とうしやうは ニッケルメタル (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)3 「ボクの細道]好きな俳句(874) 岡本 眸さん。「…

木魚歳時記 第3124話

「今日のことば」 (柏の大王さまは) 「やがてあなたは みずいろの けふのきものを つけなさる かしわばやしの よろこびは あなたのそらに かゝるまゝ。」 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)2 「ボクの細道]好きな俳句(873) 中村草田男さん。「老婆外寝…

木魚歳時記 第3123話

「今日のことば」 (若い柏の木が叫びました) 「おつきさん、おつきさん、おつきさん、 ついお見外れして すみません あんまりおなりが ちがふので ついお見外して すみません。」 (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)1 「ボクの細道]好きな俳句(871) 高…

木魚歳時記 第3122話

「今日のことば」 (髪をふりみだした雪婆んごは) 「ひゆう、ひゆう、なまけちや承知しないよ。 降らすんだよ、さあ、ひゆう。 今日は水仙月の四日だよ。 ひゆう、ひゆう、ひゆう、ひゆうひゆう。」 (宮沢賢治「水仙月の四日」)5 「ボクの細道]好きな俳…

木魚歳時記 第3121話

「今日のことば」 (雪婆んごは髪をなびかせ) 「ひゆう、ひゆう、さあしつかりやるんだよ。 なまけちやいけないよ。ひゆう、ひゆう。 さしつかりやつてお呉(く)れ、今日は ここらは水仙月の四日だよ。 さあ、しつかりさ、ひゆう。」 (宮沢賢治「水仙月の…

木魚歳時記 第3120話

「今日のことば」 (雪婆んごが帰ってきた) 「ひゆう、なにをぐずぐずしてゐるの。 さあ降らすんだよ、ひゆうひゆうひゆう。 ひゆうひゆう、降らすんだよ、 飛ばすんだよ。」 (宮沢賢治「水仙月の四日」)3 「ボクの細道]好きな俳句(868) 川端茅舎さん…

木魚歳時記 第3119話

「今日のことば」 (狼たちは) 「アンドロメデタ、 あぜみちの花がもう咲くぞ、 おまへのランプのアルコホル しゆしゅうと噴かせ。」 (宮沢賢治「水仙月の四日」)2 「ボクの細道]好きな俳句(867) 筑紫盤井さん。「目前で僧がのろへる大暑かな」(盤井…

木魚歳時記 第3118話

「今日のことば」 (雪童子と狼たち) 「カシオピア、 もう水仙が咲き出すぞ おまへのガラスの水車 さつさとまはせ。」 (宮沢賢治「水仙月の四日」)1 「ボクの細道]好きな俳句(866) 柿本多映さん。「真夏日の鳥は骨まで見せて飛ぶ」(多映) きっと川…

木魚歳時記 第3117話

「今日のことば」 (帰りは) ひゆう、ぱちつ。 馬車は草地をはなれました。 木や藪がけむりのやうに ぐらぐらゆれました。 (宮沢賢治「どんぐりと山猫」)15 おわり 「ボクの細道]好きな俳句(865) 草間時彦さん。「休日は老後に似たり砂糖水」(時彦) …

木魚歳時記 第3116話

「今日のことば」 どんぐりは、 しいんとしてしまいました。 それはそれは しいんとして 堅まつてしまいました。 (宮沢賢治「どんぐりと山猫」)14 「ボクの細道]好きな俳句(864) 田川飛旅子さん。「非常口に緑の男いつも逃げ」(飛旅子) 「新緑」(夏…